Image

ABOUT:

#広告をアートに

adartv(アダーティーヴィー)は、AD(広告)とART(アート)とTV(テレビ)を掛け合わせた造語です。
広告をアート(生きる術)にリデザインするというコンセプトで、
CM × LP制作とファッションを軸にしたプロモーション × プラットフォーム事業になります。

CMは「小さな映画」です。
そこには物語や哲学があり、映像や音楽など、あらゆるアートが融合して一つの作品となる。
adartvはそんな物語を紡ぐ劇場です。


プロモーションの課題

しかし、残念なことに…テレビやYouTubeでは「CM」は邪魔もの扱いされてしまいます。
なぜなら、テレビやYouTubeがアート・エンタメの主役であり、ユーザーはそれらを観に来ている。
CMはその間に入り込んでくる「宣伝」だからです。

そこで、adartvではCMを一つの「作品」としてとらえ、宣伝のためのプロモーションではなく、
アート・エンタメの主役として、逆にCMを好んで観に来て頂けるような場をつくる。


広告の再定義

1. 宣伝のための広告ではなく、「作品としての広告」へ。

2. 期間限定の使い捨て広告から、関係性が価値を高め続ける「育てる広告」へ。

3. 人が集まるところに広告を出すのではなく、「広告に人が集まるプラットフォーム」を創る。



価値としての多様性

名刺やファッションアイテムなど、日常に溶け込む形でadartvへの導線を設計。
adartvの主役は自社ではなく作品。
出会いの数だけ一人、また一人へとつながっていく―。

adartvは、つくったら終わりのただの制作ではなく、
アート・エンタメとしての価値、メディア・プラットフォームとしての価値、
みなさんの出会いとつながりに対する価値、etc.
多様な価値をみんなでつくり上げていく場です。


みんなの劇場

広告とアートが日常と調和し、adartvのプラットフォームとしての価値が高まれば、
相乗効果によって関わるすべての人たちが幸せになる。
みんなで育てるコミュニティ型のプラットフォーム。

そこには一人一人の物語が集まり、一つの大きな物語となる―。
まさに「映画」そのもの。

創りたいものを創り、届けたいものを届け、守りたいものを守れる力を―。

そんな夢のような場をみなさんと共に創りたい。

 

利用規約 >

プライバシーポリシー >

特定商取引法に基づく表記 >